TOP画像3.jpg

のほほんライフ。

なに気ない日常の事、好きな釣り、映画の事など気の向くままに…。

2009年12月05日

私のMac遍歴

パソコンを初めて買おうと思った時にまず考えたのが
「分かりやすい」事。何も知らないド素人ですから。
友人が薦めたのがマック。もちろん彼はマックユーザー。
ド素人の私には「コレはどうすればいいの?」と聞ける人が
身近にいれば心強いので決定。

んで購入したのが Performa 575
メモリが8MBで、内蔵HDが160MB
94年の発売ですから15年前の事ですね。

09.12.06-1.jpg

そもそも技術系(グラフィック、音楽、映像)の人が多く
使っていたマックでしたが、一般ユーザー向けに発売したのが
この時期だった様です。
購入当時、160MBのHDは「一生物の容量!」と言われました (-_-;)



で、次が PowerBook1400。

09.12.06-2.jpg

当時Macでは最小のブック型で、職場へも持ち出し活躍したものです。
ただ非力だった為、使用期間が短かかったです。
当時としては無茶な要求を(仮想でウィンドウズを動かす)
したのが原因ですが…。


お次は初代 iMac。

09.12.06-3.jpg

これほど楽しいマシンはありません。見た目可愛いし。
かなり使い倒しました。
このiMacの登場は傾いていたアップルコンピューターを
立て直し、スケルトンブームという社会現象まで起きました。
残念な事にCDトレイが壊れ(原因はワタシ…)
同じデザインの少しハイスペックな iMacがメインになりました。

09.12.06-4.jpg


初代 iMacは二番手に格下げとなりました。
この2台の iMacは今でもちゃんと動きます!



メインiMacを2年ほど使ってからでしょうか。
PowerMac G4を購入しました。

09.12.06-5.jpg

当時、仕事で必要になり、それもMacじゃないと
ダメな仕事だったので、Mac使ってて良かったと痛感しました。
初めてのタワー型で、その強力な処理速度に驚いたものです。



んで…、
新しいデザインのiMacが登場しました。

09.12.06-6.jpg

パソコンとは思えない斬新なデザイン、
旧型iMacとは比べものにならないハイスペック仕様は
プライベートで活躍しました。
なぜか1年ほどでパワースイッチが壊れ、
中身は元気なのに起動が出来なくなりました。
修理に持って行くと、お約束の言葉「買った方が早い」…。
今は部屋のオブジェとして活躍しています。




処理速度への要求は時と共に強く大きくなるもので、
「より早く」を求めて発売と同時に購入したのが
PowerMac G5です。

09.12.06-7.jpg

その無骨なデザインはマックらしくない!
工場のラインに置いたら似合いそう…。
などと、不満タラタラですが、その圧倒的な処理速度では
許さざるをおえません。




ところがです。
私のG5よりもインテルiMacの方が早いではありませんか!
これも時代なんですねぇ。
今ではプライベートiMacが我が家では最速マシンです。(^-^;)

09.12.06-8.jpg





そんなこんなで、今稼働出来るMacは5台。
でも実際に動いているのはインテルiMac1台だけ。
家族も古いマシンは使いたがらないので奪い合い!

「お父さん、チョット使わせて」
「部屋にMacあるじゃん」
「コッチの方がいいの!」

私が使えるのは深夜だけです…(T_T)







のほほんライフ。
posted by ふく at 23:29| Comment(0) | ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。